読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロコっちブログ

ジモトがもっと好きになる発見メディア「ロコっち」https://locotch/jp/

ロコっちの技術的なチャレンジ(1)

ロコっちチームで開発を務めている「クロ」です。エンジニアなので無事起業できたらCTOになる予定です。

簡単に自己紹介しますと、大学では建築設計を通じた「まちづくり」を考え、新卒以来ソフトウェア開発会社に所属して「ものづくり」(ソフトウェア)に様々な角度で携わっています。今は、ロコっちの他のメンバーと同じく社会人学生として経営学を学びながら起業準備をしているという、ちょっと変わった経歴となっています。

家族は妻と5歳の息子と3歳の娘がいます。都内に住んでいるのですが、都会での子育てに七転八倒させられている一方で、なぜ子育てのしやすい田舎に住まないのだろうか?という素朴な疑問から、地域活性からの地方創生の必要性を感じロコっちチームに参加しました。

私からは技術的な側面で見た「ロコっち」について紹介していきたいと思います。


「ロコっち」は大変ユニークなターゲット設定を行っているため、一般的なウェブメディアが選択するアーキテクチャはそのまま採用できないと考えています。

 

では、そもそもロコっちはどういったサービスなのでしょうか?

ロコっちは「ジモトがもっと好きになるイベント発見メディア」として、駅を中心とした歩いて行ける範囲で開催されるイベント情報と、それらにまつわるジモト情報を深く深く網羅した地域メディアです。

狭い範囲ながらもの高い更新頻度が大きなウリの1つとなっています。


また、サイトのセグメント分けは年齢や性別といったデモグラではなく、地域軸(駅)で切っており、今後、首都圏の主要駅を中心に100以上のロコっちサービスが開始される予定となっています。

 

このようなロコっちにおいて技術的・UIUX的にどのような難しさ、チャレンジがあるのでしょうか?そして、その難しさにどのように対応しようとしているのでしょうか?
次回以降、ご紹介していきたいと思います。

 


「ロコっち」ではサーバーレスアーキテクチャにこだわった分散型&ユーザ参加型の地域メディアの構築を目指しています。この新しいアーキテクチャ上で多様なユーザー属性に適したUI・UXを一緒に創ってくれるデザイナー・開発者を募集しています。
興味ある方は、info@locotch.jpにご連絡ください。よろしくお願いします!